審美歯科で口元のお悩み解決|笑顔がきらめく最新治療ガイド

虫歯や歯周病の予防

歯型

歯医者と言えば、「虫歯や歯周病を治療するための病院」であるという意識を抱くこと人がたくさん居ます。しかし、歯医者は治療だけを目的にしているわけではありません。歯に関する疾患を全般的に診てくれる機関ではありますが、「予防」にも力を入れているのです。徳島の歯医者では、予防歯科という診療科目が設けられています。これは虫歯や歯周病に侵される前の健康的な歯に施される治療です。歯の表面に特殊なフッ素をコーティングしたり、ブラッシング指導を行なったりと、疾患を予防することに特化した診療だと言えます。徳島の歯医者を利用するのは大人だけでなく、子どもや高齢者も含まれていて、どれだけ長く健康的な歯を維持出来るかに注目が集まっているのです。予防歯科は子どもから高齢者にまで利用されるポピュラーな存在になりつつあります。

子どもは小学校1年生を迎えるころに歯が生え変わり始めます。乳歯から永久歯に生え変わる際、乳歯に虫歯があると、永久歯に悪影響を及ぼす可能性があるのです。歯並びが悪くなることを予防するためにも、徳島の歯医者で小児歯科の治療を受けさせてあげると良いでしょう。小児歯科は予防歯科と少々似通った部分がありますが、対象は小学校低学年までの子どもである場合がほとんどです。徳島の歯医者は乳歯の虫歯を予防するため、様々な方法を用いて健康を維持してくれます。保護者の立ち会いの元で歯の状態を説明してくれるので、安全性を確かめた上で治療を開始することも可能です。